カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンの返済は繰り上げ返済が非常に有効的です

当たり前ですが、消費者金融のカードローンを使ってお金を借りれば
利息を取られます。
そして、カードローンの利息というのは借りた金額が大きいほど、
返済の期間が長いほど、高くなるのが常識です。

そこで、消費者金融のカードローンの返済方式を見てみると、
一般的に「残高スライドリボルビング方式」になっています。

残高スライドリボルビング方式

この残高スライドリボルビング方式というのは、
月々の返済額が残高に合わせて決められて行くというものです。
そして、毎月の返済額を少なくできるため、
返済が楽にできるというメリットがあるのですが、
返済期間が決まっていないということから、
返済期間が長くなる傾向にあり、従って負担する利息が高額になりがちです。

そこで、このようなカードローンを利用する場合は、
「繰り上げ返済」をすると、利息を減らすのに有効になります。

繰り上げ返済について

例えば、カードローンを利用して30万円(金利18%)を借りたとして
借入残高ごとに業者によって設定されている最小返済額はさまざまですが、
仮に毎月の返済額を、
借入残高が10万円未満の時は4,000円
10万円~20万円の時は8,000円
20万円~30万円の時は11,000円であるとして、

この返済額のまま完済させると、
返済期間は5年3か月、総返済額は約42万円になります。

ところが、通常の返済額に毎月5,000円を繰り上げ返済していくと、
返済期間は2年6か月、総返済額は約36万円となります。
通常返済に比べて、返済期間は約半分に、返済額は6万円も減ります。
繰り上げ返済の有効さが実証されます。

もし、毎月の繰り上げ返済が厳しいなら、
ボーナス月だけまとめて繰り上げ返済しても、かなりの違いが出ます。

仮に、年に2回、5万円をカードローンの返済に回すと、
返済期間は1年8か月、返済額は約35万円となり、
返済期間は3分の1に、返済額は7万円も減額されます。

なお、消費者金融のカードローンの利息は繰り上げ返済が可能であるため、
「日割り計算」になっています。日割り計算ということは、当然ですが、
1日で返せば、1日分だけ利息を支払えば良いということです。

消費者金融のカードローンを利用する時は、
常に繰り上げ返済のことを念頭に入れておくべきです。

早い時期の繰り上げ返済がより効果的

上記のように利息が日割り計算であることから
もうひとつ付け足しておきたいのが、
借り入れから出来る限り早い時期に、繰り上げ返済を行うことで、
全体の借入額を大幅に減らすことが可能です。
もちろん、1日で全額を返せば1日分の利息だけで済みますが、
ある程度の金額を借り入れて、すぐに全額返済をするのは現実的ではありません。

この場合に、予定していた返済額に加えて少しでも多めに、
かつ早い時期に返済を行うことで、
それ以降の利息計算が大幅に変ってきますから、
少ない金額でも、より早い時期に繰り上げ返済を行うことは、
非常に効果的であるといえます。

また言い方を変えれば、繰上げ返済での返済額をその時点での総返済額としたものが一括返済となるわけですね。