カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンの契約者が死亡。ローン残額はどうなる!?

カードローンの契約者が死亡した場合、
ローンの利用残高がどうなるのでしょうか。カードローンは負債、
いわゆるマイナスの資産です。資産である以上、それは相続の対象となります。

死亡したカードローンの契約者の財産を相続する方が、
利用残高も一緒に相続することになるのです。
これにより相続をした方にカードローン利用残高の支払い義務が発生します。

もし契約者の資産が他にあり、全てを合算して債務を帳消しにできるのならば、
それが一番よいことでしょう。
しかしカードローンや他の借入など、マイナスの資産が多いようでしたら、
相続人は借金を背負うのと同じ状態になります。

相続放棄には届出が必要

それに不満があるのならば、全ての資産を相続しない相続放棄を行うことができますが、それには家庭裁判所への届出が必要となります。自分が契約したカードローンではないからと言って、届出をせずそのままにしておくと、単純承認と言って契約者の資産を継承すると受け取られてしまいます。

相続権がある立場で、なくなられた方にカードローンなどの負債がある場合は、
資産と負債のバランスをしっかりと把握しなければなりません。
そして相続放棄をするのならば、相続開始を認識した日から三ヶ月以内に管轄の家庭裁判所に相続放棄の届出を提出する必要があります。

相続放棄をしますと、全ての資産に対し相続をする権利がなくなります。
そして資産は次に遺産相続権のある親族に移ります。
たとえマイナスの資産であっても、相続権の順番は変わりません。
カードローンの支払い義務が、次の人に移ることになるのです。
ここでも相続放棄はできますが、こうして相続権のある方々全てが
相続放棄の処理をしなければなりません。

相続限定承認という選択肢もある

ただし相続権のある全員が揃って承認をすれば、相続限定承認を行うことができます。これは資産整理で負債が多い場合でも、プラスとマイナスを相殺して負債の一部を返済することによって残りの負債の返済義務がなくなることを言います。

もし資産が少しでもあるのならば、相続限定承認でカードローンの一部を返済する方が、相続放棄を順に繰り返していくよりも早く相続問題を終結させられるかもしれません。

カードローン・キャッシングのことなど考えたくない時だと思いますが
こういった時は強い意識をもって手続きはしましょう。キャッシングについて考えるでもキャッシングのはてなに情報が掲載されていますので参考にどうぞ。