カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンの返済を延滞してしまった場合

カードローンの返済を延滞してしまった場合にはどうなるのでしょうか。
色々なことが理由で延滞してしまうことがあります。
カードローンを利用した事がない方でもクレジットカードなどで
支払い忘れた事があるのではないかと思います。
このページはカードローンの遅延について詳しくご案内します。
厳密にいうとカードローンは消費者金融やキャッシング等など言い回しが
違うだけでほぼ同じと考えてもらっていいかと思います。
詳細の細かいところは随時案内します。

延滞はカードローン会社の中で罪は重くたんなる遅刻ではありません。延滞を嫌うのは即日融資 ランキングなどで紹介されている大手全部にいえること。逆に延滞しても限度額が増えるとか放置され利子だけ増えていく状態の会社であれば怪しいと考えることが無難でしょう。大手のバンクイックなどの銀行の厳しさは本質的に優しいチェックだと思ってください。優しさを気づかないふりをして甘えていたらそりゃあ愛想を尽かされるという話。ここでは延滞をしないためのコツをできるだけ紹介していければと思います。

カードローンの延滞

カードローンの支払を銀行からの引き落しにしてる場合には
残高不足によって引き落しができずに延滞となってしまうケース、
それから振込みの場合は期日までに振込みができなかったことが
原因で延滞してしまうというケースです。

どの場合でもすぐにカードローン会社に連絡をして
延滞をしてしまったことを謝罪し、すぐに支払をしなければいけません。
できるなら一日でも早くカードローン会社に支払うようにしてください。
もしも一ヶ月以内にきちんと支払えばそのまま普通に
カードローンの契約を続けることができます。

そしてもしも一ヶ月以上経過してしまった場合には
カードローンの新たな利用ができなくなってしまうのです。
それも数ヶ月間は使えなくなってしまうのです、
この期間はカードローン会社によって違いがありますが、
その後すぐに支払をしても新たな利用がすぐに再開されるとは限らないのです。

カードローンカードを持っていながらも
利用できないということは非常に不便になります。

カードローン会社は万が一貸し倒れをしてしまったときのために
保証会社と契約をしています。

あまりにも延滞がひどくなりますと今度はこの保証会社のほうからの
催促をされることもあるのです。

もうそこまでなってしまいますとすぐにお金を返したとしても
信用情報には傷が付いてしまいます。
延滞という金融事故という扱いになってしまいますので、
今後カードローンの契約を他の会社でしようとしてもできないこともあるのです。

遅延損害金について

また忘れてはいけないのが遅延損害金です。
これはによって利息を支払い罰則金利、遅れた分の損害を賠償するのですが、
この金利がかなり高いですので大きな損失になります。
ヤミ金融対策法が成立しました:金融庁 を見ると金利の細かいところを理解するのに良いです。詳しく知りたい方は参考にしてください。

カードローンArticle注目の記事

カードローンは借りておしまいではない!借りた後の返済や今後の人生の選択肢に何か影響があるのかを知っておくことはとても大事。カードローンArticleの記事の中でも意外と知られていない借りた後の注目記事をまとめてみました。

カードローンの返済は繰り上げ返済が非常に有効的です

カードローンの契約者が死亡。ローン残額はどうなる!?

マンション売却と購入におけるカードローンの利用と影響について