カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンは繰上げ返済でも一括返済でも手数料は無料

少しでもお金に余裕があるなら繰上げ返済を、
さらに余裕があるなら出来る限り早く一括返済をしてしまったほうが、
総返済額をより少なくできるわけですが、
いざお金に余裕があるときには、どうやって返済したらよいのか?
今一歩わからなくてちょっと面倒と感じでしまう場合も多くあります。

そういった意味では、借りる前にとまではいかなくても、
繰上げ返済や一括返済について、 利用している借入れ先ではどのように対応しているのか、把握しておくべきだといえます。

これらの任意での返済は、調べてみると思っていたよりも簡単であることが多いです。 住宅ローンの繰上げ返済・一括返済では、手数料が必要となってしまうケースもありますが、カードローンの場合には銀行、消費者金融、信販会社などにおいて、 ほぼ全ての場合に手数料無料での対応となっています。

繰上げ返済が可能な金額について

繰上げ返済が可能な金額については、いくらからでもOKな場合や、
1000円単位からOK、さらにはその月の利息分以上であればOKな場合など、
借入れ先によってさまざまです。

カードローンではほとんどの場合が残高スライドリボルビング払いとなっていることから、 追加での借入れなどで元金が増える場合もあります。
そのため毎月の返済日ごとにその都度利息計算を行うので、
基本的にはいくら返済しても大丈夫な仕組みになっています。

しかし、利息の再計算など事務手続き上の問題などによって、
返済可能な金額をある程度設定している業者もあるわけです。

また、繰上げ返済を行った日時によっては、
利息分の計算が次の約定返済日までに間に合わない場合もありますが、
この場合はさらに次の返済日に再計算され相殺されることもあります。

窓口、ATM、PCやスマホを介してのネット上など、
ほぼすべての方法での繰上げ返済に対応している業者がほとんどです。
利便性という点では、ネット上の会員ページなどから返済するのが手軽です。

この場合、上でも挙げたように繰上げ返済そのものに対しての手数料はかかりませんが、指定口座への振り込みの場合には、 振り込み手数料がかかってしまう場合もありますので注意が必要です。

一括返済時の金額について

一括返済の場合でも、基本的にはその月の総借入残高と総利息分を合計した金額を返済するわけですが、約定返済日の返済を想定した日割り計算によって算出された金額となっています。
そのため返済日によって総返済額が変ってくるわけです。
ですので、一括返済を希望する場合には、返済金額を業者に一度確認する必要があります

みずほ銀行では、総返済額すべてを一括返済する方法のほか、
1万円単位までを一括返済し、それ以外の端数を翌月に返済するという方法にも対応しています。
この場合端数の部分には翌月までの利息がかかるということになります。