カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンならではの欠点を理解しよう

カードローンはカードを使ったローンサービスですが、
最初に設定した限度額ならいくらでも借りられるところが
非常に便利であり、多くの人に利用されています。

カードローンの欠点

カードローンには欠点もあるのです。
欠点踏まえた上でカードローンを使う必要があります。

金利が高い

まず一つ目に金利が多少高くなる傾向があります。
これには理由があるのです。
カードローンは保証人なしですぐにカードを発行して使うことができます。
保証人なしでカードが作れるのはメリットではあるものの、
保証人がいないということは保証人がいる場合に比べて
信頼が欠けてしまいます。
その分貸し倒れのリスクをカードローンははらんでいるのです。

その為それを埋めるためにカードローンには多少高い金利を設定しているのです。
カードローンの限度額をもしも高く設定して限度額いっぱいに借入した場合には
利息が高くなってしまいます。

こういった事を少しでも抑制する為にカードローン会社が
提示する限度額よりも低い限度額を設定すべきです。
返済できる余裕が十分にある場合は問題ないですが...
提示された限度額よりも少なく設定しておくと失敗する可能性も低くなります。

金銭感覚の麻痺

そしてもう一つの欠点は
カードローンの利息の計算方法は色々とありますが」のリボ払いでも
触れた通り、返済額が少なくて済んだりなど気軽にお金を借りられることから
人によっては次々と借りてしまい、
返済ができなくなってしまう恐れがあるという点です。
これはカード破産の要因にもなります。
このカードローンは限度額までなららいくらでも借りられますし、
また月々の返済額も一定に保つことができます。
そしてつい借りすぎてることを忘れて使ってしまうこともあるのです。
これはその人がしっかりとしていれば問題はありませんが、
もしも借りすぎてしまいそうだと心配な場合は
先ほどのように限度額を低く設定するようにしてください。
借りやすいからといっていくらでも借りようとする
気持ちさえなければ欠点は欠点でなくなります。

また、本当にカードローンのほうが自分に適しているのかどうかを
考えて利用するようにしてください。
あまり適していないならいくら便利でも使うべきではありません。