カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローン返済に1日だけ遅れたら遅延?延滞?どっち?

返済できるだけのお金はあるけど、ついうっかり返済期日を間違えてしまったり、
口座引き落としにしていたけれど、残高がほんの数円だけ不足していたとか、
こんな理由でカードローンの返済期日に1日だけ遅れてしまう。
こういうことってよくあると思います。

この場合、遅延なのか?延滞なのか?
「どっちも同じ意味でしょ!」と思った方、その通りです大正解です。
だからどっちでも良いといえば良いですし、1日の遅れを延滞と呼んでも間違いではあません。ただ信用情報上での扱いという意味では、ちょっと違ってくる場合があります。例えば、

● 一日だけ遅れた場合
● 3ヶ月遅れた場合

前者は遅延、後者は延滞(滞納)となり、延滞の場合は異動情報いわゆるブラック扱いとなり、他社での借り入れや、他の信用取引での審査時に審査に通らない、つまり借りられないことになります。

では1週間、一ヶ月とか、二ヶ月遅れたらどうなの、遅延と延滞の線引きはどこにあるのか?といいますと、ちゃんと取り決めがあって61日以上か、3ヶ月以上の延滞の場合に異動情報として登録してよいことになっています。

ただ、必ずしも登録しなければならないわけではなく、業者の判断によるところが大きいです。とはいっても貸金業者としても、ちゃんと返済できない人に対しては厳しく対処しなければ、自分の首を絞めることになりかねませんから、61日以上であればブラック扱いになると考えた方がよいでしょう。

返済に遅れた履歴は5年間消えない

だったら1日ぐらいの遅延なら問題ないんでしょ?という考え方はやめましょう。
1日の遅れが10回とかあったら、例え信用情報に影響がなくても業者からマークされることは確実です。そして異動情報(ブラック扱い)にはならなくても、遅延したという事実は記録されます。この情報は5年間は消えません。

信用情報の取引履歴(クレヒス)が与える影響は、こちらのページでも書きましたとおりカードローンの借り入れだけではありません。
自動車ローン、住宅ローン、クレジットカードなど、利用時に信用情報を照会する取引すべてに影響を与えます。

ブラック扱いまでいかなくても、返済に遅れた履歴があまりにも多い場合には、 同等の扱いとなってしまう可能性も大きいです。

結論として言えるのは、遅延であっても延滞であっても遅れることには変わりはありません。レンタルビデオの延滞金のような感覚で、遅延損害金を払えばいいというような軽い気持ちで返済に遅れてしまうと、後々取り返しのつかない事態になりかねませんので注意が必要です。