カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンで失敗しないようにするために

カードローンに限った話しではないのですが、失敗する人の特徴として
借りすぎている事が考えられます。当たり前ですよね。

ここで言っている借りすぎというのは、返済可能額よりも借りすぎているという意味で言っています。

どういう事かというとカードローンの審査において収入などは大事なのですが、
よく考えて見てください。生活でどれくらい使っているかなどを審査の時に
説明するわけではないので信用調査と年収などで審査をして
融資してくれているわけです。

例えばですが同じ年収の人が同額借りたとしても支出が異なれば返済可能額が違ってくる事になります。余裕を持って生活をしている人、
趣味などにお金を使っている人では、異なってきますよね。

その為、収入から生活費などの毎月必ず必要な額を除いて、
月々返済できる額を算出しないといけないわけです。

この月々の返済額をもとにカードローンを利用する額を決定しないと
失敗する可能性が高くなります。

返済の方法で失敗しないように

カードローンの返済は借入残高によって最低返済額が設定されています。
例えば10万円借りれいる場合はカードローン会社によって異なるのですが、
大体2000円~5000円くらいが最低返済額に設定されています。

10万円借りても月々2000円の返済で大丈夫なんです。とても楽ですよね!
これなら借りられそうと思うのですが、注意が必要です。

各カードローン会社が設定している最小返済額は、返済がきつい方でもきちんと
返済できるように低く設定されています。
返済がきつい時は確かに助かる設定ですよね!

ここで何が問題なのかというと、借入している訳なので当たり前なのですが、
2000円の返済の中に借入した元本と利息が含まれているんです。

という事は2000円返済したとしても2000円分の元本が減るわけではないんです。

この最小返済額での返済では元本の充当額が少ないので
返済期間が長くなってしまいます。
返済期間が長くなるという事はその分支払う利息も多くなってしまいます。

なので返済に関しては、事情やその時の状況もあると思うので、お金に余裕がない時は最小返済額での返済をして、少しお金に余裕がある時は
繰り上げ返済をして元金を減らしていくと、早く完済できます。

これを知らずに最少額で返済していると、
なかなか返済が終わらないので気をつけておきましょう。