カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンの利息の計算方法は色々とありますが

カードローンの利息の計算方法は実は色々とあります。
まず一つ目の計算方法はアドオン方式という方法です。
これが一番簡単で分かりやすい方法なのかも知れません。
カードローンの借入額と利息を合わせた額を返済期間で割って
毎月の返済額を決めるという方法なのです。

例えばこのような計算になります。

計算例

アドオン方式

100万を20パーセントの利息で一年間借りたとします。
そうしますと一年間で120万返済をしなければいけませんが、
これを12ヶ月で割りますと一ヶ月あたり10万円返済するという計算になるのです。

そのほかにも色々なカードローンの利息計算方法があるのですが、
リボ払いという方法もあります。

リボ払い

これは返済期間を決めることなく毎月一定の額の返済をするという方法なのです。
実はカードローンでは非常に多く採用されている計算方法になります。
この支払い方の場合は返済期間が決まりませんのであまりにも
借りすぎてしまいますといつまでもたっても
返済が終わらない結果になってしまいます。
また、利用して返済してを繰り返すと、どれくらい借入したか
分からなくなったり、返済し忘れたりなどしたりします。
カードローンの返済を延滞してしまった場合」で説明しましたが、
遅延すると遅延損害金がかかってきたりするので注意してください。

話しを戻しますが、借り入れなどを追加でしなければ返済が終了する時期を
計算によって導き出すことができます。
またこのリボ払いにも色々な種類があるのですが、
毎月一定の額の支払をするというところが同じでも
残債の額により利息の額が決定する形式のものもあります。

この場合は残債が多い初期の頃はカードローン会社に返済をする利息が
増えるのが大きな特徴です。
しかし残高が少なくなるにしたがって段々と
利息が少なくなってくるというメリットもあります。

色々なカードローンの利息の計算方法がありますので
分かりにくい部分もあるかも知れませんが、
カードローン会社ではこの計算式については詳しく説明してくれています。
もしも納得いかない場合にはカードローン会社には色 々な質問を
するようにしてください。
自分で計算ができるようになりますと計算ミスなどを 発見できるように
なりますし失敗しません。 払いすぎを抑制することができます。