カードローンの情報なら「カードローンArticle」で

カードローンに申込み審査落ち~すぐ他社に申し込んだ場合

急にお金が必要となりカードローンに申し込んでみたものの、
審査落ちとなった場合。
それでもお金が必要なことには変りはないですから、他社に申込むという選択肢を選ぶことがほとんど、というよりそうするしか手がないともいえます。

これはこれで当然の流れですが、その場合の審査に与える影響について
知っておきたいところですね。

申し込み履歴は6ヶ月間残っている

個人信用情報(クレヒス)には、借入れや返済の履歴が記録されることはこちらでも触れましたが、申込みを行ったという履歴も6ヶ月間は記録されます。 審査に通過できて、借入れや返済をしていれば、これらの履歴が残りますが、
申込みの履歴だけが残っているという場合=「審査に落ちた」ということになります。

他社に申込みを行うと、信用情報を照会しますから申し込み履歴も一目瞭然です。
これを審査の際にどう判断するかは、業者によってさまざまではありますが、
ほぼ全ての業者において、審査ではマイナスポイント。
つまり不利になってしまいます。

こういった場合でももちろん、初回に申込んだ業者よりも、審査基準の低い業者に申し込めば、融資を受けられるケースもありますが、連続での申し込みや多重申し込みの場合には、こういったリスクがあるということを覚えておきましょう。

可能であれば期間を空けて申し込み

こういった状況を避ける方法は、申込み履歴が保持される6ヶ月間が過ぎるのを
じっと待つ以外に方法はないです。
6ヶ月が過ぎれば、履歴は消えて真っ白な状態になります。
しかし急にお金が必要という状況であれば、
そこまで期間を空ける余裕はないですね。

最初に申し込む業者を慎重に吟味する

ではどのようにすれば一番良いのでしょう?
これは至極当然なお話となってしまいますが、
最初の段階から絶対に審査に落ちない業者を選ぶことです。
つまりあなたの収入やこれまでの借入れなどを総合して、その状況に見合った業者をしっかりと見極めることが重要となってきます。

履歴が残るのはカードローンだけじゃない?

ここでもうひとつ気を付けたいのが、
信用情報(クレヒス)に記録される取引履歴や
申し込み履歴は、カードローンだけではないという点です。
個人信用情報として扱われる取引をざっとあげてみると

・カードローン(銀行、消費者金融、信販系などのすべて)
・クレジットカード(信販系、流通系などのすべて)
・さまざまな目的ローン(自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどのすべて)

これらの金融取引はすべて個人信用情報として管理されています。
住宅ローンの場合についてはこちらのページが詳しく解説していますので
参考にしてみてください。

どの取引の場合でも、申し込み情報は6ヶ月間、取引履歴は5年間保持されますから、
申し込みをする際、利用する際には細心の注意が必要です。